So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2014年06月 |2014年07月 ブログトップ

質問ができたら、チャートを見よう! [ホラリーの作法]

ホラリーの質問ができあがりましたか?

私はこの質問づくりにとても時間をかけています。

なぜなら、かのアインシュタインもその重要性を説いているからです。

「もし自分が死にそうな状況になって、
助かる方法を考えるのに1時間あるとしたら、
最初の 55 分は、適切な質問を探すのに費やすだろう」
- アルベルト・アインシュタイン

ぜひ、クライアントもそして、あなたも納得するまで、
質問を確認していってくださいね。

そして、質問ができあがったら、その時間でチャートをたててみましょう!

この時間がとてもドキドキします!

最初に確認することは、
星からの質問に対するメッセージです。

すなわち、
「その質問について星を読んでいってもよいか?」

それを見極めるのに何点か見ていくところがあります。

まず、「月がボイドタイムに入っていないか」です。

月が他の星とアスペクトを
とっていないときをボイドタイムと呼びます。

ホラリーにおいて、月は重要な位置を占めているので、
この月がアスペクトをとっていないということは、
「なにも起こらない」ということを示しているのです。

もちろん、いい意味でも、悪い意味でもです。

占星術師はこの見極めがとても重要になってきます。

そして、次にバイアコンバスタを確認しましょう。
バイアコンバスタは天秤座の15度~さそり座の15度までのエリアのことをいいます。

バイアコンバスタとは「焼けた道」という意味がありますが、
ここに湿った冷たい性質である月が通過しているのは
問題が深刻である可能性を秘めています。

そして、ASC、DSC、MCに土星がないかを確認します。
ASC は質問者を、DSC は占星術師(あなた)を、
そして、MC は解決方法を意味しています。

ここに土星がある場合は、
それぞれが「悪い状態」であるということを
意味しています。

例えば、質問者の心理状態がとても深刻になっていたり、
占星術師が同情して感情がひっぱられていたりするのです。

チャートを見て、まずはこれらのことを確認してみてください。

ここで読まないという選択肢もできますし、
星を読むお仕事をしている人は先に進むための指標にしてみてください。


ホラリーを始める前に [ホラリーの作法]

占星術のホラリーを使うかたも多いかも知れない。

仕事のオファーを受けても良いか
この株を買っても良いか
無くしてしまった財布はどこにあるか

などなど、ネイタル(出生図)から
導くことのできないものに対して、
ホラリーがそのチカラを発揮する。

ただ、ひとつ注意しなければいけないのは
クライアントが抱えている質問が
ちゃんと具体的なカタチになっているかだ。

ぼんやりとした質問だと、
ぼんやりとした答えしかかえってこない。

または、まったく答えがあやふやになることさえある。

だからこそ、具体的にイメージできるように
質問をつきつめていく必要がある。
クライアントも、そして、占星術師も質問が
腑に落ちた瞬間の星空から、
答えを導き出すのがいいのではないかと思うのだ。

まずは時間をとって、質問の背景と
質問自体を具体的なものにする。
それをホラリーでは心がけたいところ。

はじめに [研究中のひとりごと]

6月27日。

かに座の新月の日にこのブログを作成しました。
(と、言っても今日はもう28日なってしまったけど。笑)

7月16日は木星が獅子座に入る。

これは何を意味しているかというと、
自分らしく人生を生きていくことができるということ。
本当の自分を外へと表現できるときなのだ。

そして、かに座の新月は
自分が輝ける場所をつくり始めるとき。

そう、このブログのようにね。

このブログでは日々の占星術の研究を
書き残していく。

それは何より、これから占星術を学ぼうとしている人に
少しでもお役に立てたらという気持ちと、
「占星術って何?」という人に興味を持ってもらうという気持ちがある。

だから、このブログに訪問してくれたあなたに
ココロからありがとうと言いたい!

ありがとう!

そして、これからもどうぞよろしくお願いします。


-|2014年06月 |2014年07月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。