So-net無料ブログ作成
検索選択

神田沙也加さんの王子さま、吉野圭吾さん [気になるアノ人のホロスコープ]

先日「しゃべくり007」を見ていました。

アナと雪の女王で
アナ役を演じた神田沙也加さんが出演されていました。

その企画で沙也加さんが
会いたい王子さまとして紹介されていたのが、
吉野圭吾さんです。

沙也加さんと圭吾さんは
ミュージカルで共演されていたそうなのですが、
注目は番組でのホリケンさんとの共演でした。

ぜひ、youtube でご覧になってみてくださいね。笑

wikipedia で生年月日を見てみると・・・

太陽がうお座で、
月がおうし座にあります。

総合的にみていくと、
やはりちょっと変わった人みたいですね。笑
とらえどころがないというか、真の感情が読みとれないというか。
でも、相手の心はちゃんと読んでコミュニケーションしていけるかたなのだと思います。
だからこそ、ホリケンさんとの共演も達成できたのではないでしょうか。笑

感情移入もできるかたなので、
ミュージカルは適職なのではないでしょうか。

着実にやっていくかたですが、
「ここぞ!」というときは、勝負をかけていける人でしょう。

芸術方面に才能がある星まわりでもありますね。

そんな、彼の今後のテレビでのご活躍に期待です!

FX から感じる経営のコツ [研究中のひとりごと]

今、FX をやっているのですが、
買うときのタイミングをいつも逃してしまいます。

ローソク足を読んで、
「きっとこうに動くに違いない・・・」と
じっくりチャートを見ていると、買うタイミングを逃している。

そして、自分の予想どおりに動いていく。

この一瞬のタイミングをつかんでいくのが
経営者なんだなぁ~って思います。

占星術師は目の前の事象において、
まずは星を見て、自分と向き合って、
流れを読んでいく。

という悠長なことをしているので、
大きな流れをつかむにはいいかもしれませんが、
短期戦は向いていないのかもしれないですね。笑

みなさんは、タイミングをちゃんと掴んでいますか?

天体の説明 [ホラリーの作法]

ここまではハウスを見てきたので、
ここからは天体の説明です!

まずは月です。
月は質問者の心理的側面を表しています。
病などをリーディングするときは健康状態です。
月がサインから出るときのアスペクトに注目しましょう。
これは問題がどのように帰結するのかということを表しています。

次に水星です。
ホラリーではこの水星は質問者をあらわしているとされています。
水星が逆行している時期ではないか、
良くないアスペクトをとっていないかに注目していきましょう。
特に水星は思考を司っているので、
質問者がどのように問題について考えているかも見えてきます。

そして、金星です。
金星は美を司っています。
美しく、調和をとっているものです。
または美食なども表しています。
逆行しているときは快楽に溺れているとも
読み取ることができます。

ここまでが太陽よりも公転周期が遅い天体になります。
これらはインフェリアーと言われ、
より個人的な意味を持つとされているのです。

次回は太陽から土星までのスペリアーをご紹介していきますね!

ハウスの意味、これで最後です!(たぶん) [ホラリーの作法]

前回は6ハウスまでご紹介したので、
今日は5ハウスから2ハウスまでいきましょう!

今回の記事でようやくハウスの意味も終わりになりますね。

5ハウスの意味は創造です。
これは子供の誕生も意味します。
人の人生において、一番大きい創造は
人を創造するということかもしれません。
神が人を創造したとするなら、
同じことを私たちは行っているのですね。

4ハウスは土地です。
家族ができると住む場所が必要となります。
どこでその血を継承していくのか。
それをこのハウスが示しています。

3ハウスは近所をあらわしています。
住んでいる場所から、つながっていく人たち。
お互いに支え合いながら、
この世界で共存しているのです。

そして、2ハウス。
これは所有を表しています。
あなたがこの旅を終えるころに得ているもの。
それはお金だけではなく、
たくさんの経験かもしれませんね。
ここで魂の旅が終わり、
また新たな旅がスタートしていくのです。

このようにハウスをみていくと、
西洋占星術の中に流れている人生観、または哲学のようなものに
ふれることができます。

あなたはこの流れの中で何を見出していくでしょうか?

プロの占星術師として。 [研究中のひとりごと]

今日は「はっ!」とさせられたことを少し。

東洋占術を長年されているかたが発された一言。

「本を読んでできるレベルじゃ~ね~」

確かに、占星術についても
たくさんの本が出版されています。

自分の誕生日さえ知っていれば、
自分自身を本を見ながら占うことができてしまいます。

プロとして求められるのは、
本だけでは得られない知識。

それは師から弟子へと口伝で
受け継がれていくものなのかもしれませんね。

引き続きハウスの意味を確認! [ホラリーの作法]

さて、前回の「次にハウスを見ていきましょう!」からの続きです。

ハウスは信念を表しています。
自ら輝き続けるには自分の軸が必要となってきます。
それは自分の中に見出す人もいれば、
外に見出す人もいますね。

8ハウスは死を表します。
あらゆるものは死と再生を繰り返していきます。
じぶんが進んでいる先には終わりがある。
それを実感できるところなのではないでしょうか。

7ハウスはパートナーを。
相手を受け入れることで、自らの遺伝子を再生
してくことができます。
または、自分の想いを受け継いでいくことができるのです。

6は労働を表しています。
この世界で生き続けていくためには
働くことを続けていかなければなりません。
創造しつづけると解釈してもいいかもしれません。

残りはあと4つですね!

もうちょっとです、がんばっていきましょう。

このように人生の流れとして解釈していくと、
ハウスもわかりやすくていいですよね☆

水星が順行にもどったら。 [研究中のひとりごと]

今日は占星術をつかったセミナーの打ち合わせ。

7月頭に水星が順行にもどったのだが、
やっぱり、順行になると今まで滞っていたものが
流れるように動き出す。

今日打ち合わせした人が言うに、
流れが戻ったとたん、水道が噴射を始めたのだとか。笑

それは新しいケースだなぁ~というか、
そういうこともあるのか・・・と思った。

ある地点から、ある地点の間を司る水星。

その交流がまさに今早くなっているのかもしれない。

みんさんもこれからやりたいことがあるのなら、
今から少しずつ始めていかれるのが良いと思いますよ☆

FX はギャンブルではないのね・・・ [研究中のひとりごと]

最近、FX にハマっているのだが、
今日は負け続けていた。

あ~1万円の損失出しちゃったよ~とため息まじり。

本当にその人の精神性が試されるのである。

FX と向き合うことで、
なによりもお金のブロックと向かいます。笑

「こんなんでお金稼いでいいのかな?」
「あ、損した!もととらなきゃ!」
・・・などなど。

心が乱れるわけですね。

心が乱れると負け続ける。

自分なりのルールや法則がないから、
根拠がないまま、グラフの上がり下がりだけみて、
取引を行っていく。

結果・・・。

8連敗・・・。

ここで、少し時間をとって勉強してみる。

今日はとりあえず、ローソク足チャートから。
いわゆるテクニカル分析というやつです。

「チャート」を見るのはどちらかといえば得意な方なのかもしれない。笑

そして、ずっと取引をしていくのではなく、
タイミングを見計らって、
取引をしていく。

すると、

7戦6勝1引き分け!

ようは出来るだけ負けないように組んでいくのがポイントなんですね。

来年の夢はタイで FX だけで、2ヶ月間生活をして、
学校に通うことです!

がんばろうっと!

次にハウスを見ていきましょう! [ホラリーの作法]

月のアスペクトが確認できたら、
次にハウスを見てきましょう。

ハウスの考え方は東の空が質問者になります。
つまり1ハウスが質問者をあらわしているということです。

1ハウスが質問者であれば、
質問者の所有物の話であれば、
2ハウスを見ます。

それでは、パートナーの所有物だったら?

1ハウスから見て、7ハウスがパートナーのハウスになります。
そこから、左回りに2ハウスとったところ。
チャート上では、8ハウスがパートナーの所有物をあらわしていると
考えていきます。

このように、ハウスを回して考えていくわけですね。

これはとても面白い発想だな~と思います。

ちなみに、ハウスの説明を少ししておきますと、

1ハウスは自分を表します。
これは東の空から太陽が昇るように、
あなたがこの世に生を受けたことをあらわしているからです。

そして、東の空かだんだんと太陽が昇っていきます。

12ハウスは生まれたての赤ちゃんのハウスです。
障害やカルマのハウスと言われています。

あなたが生まれ変わって、
この世に生まれたとしたら、
この世というのはたくさんの障害が
あるように感じられるはずです。

だって、立つことさえままならないのですから。

11ハウスは願望や希望のハウス。

障害を乗り越えていくと、
この先どのような生き方ができるのかと
ワクワクするのではないでしょうか?
どう自分の未来を描いていこうかと思えるハウスです。

そして、10ハウス。
ここに来て太陽は一番空高く輝いています。

そう、自己がいっぱいに輝けるときなのです。
だから、このハウスは天職のハウスと言われるのです。

残りのハウスは次回見ていくことにしましょう!

それでは、ホラリーを読んでいきましょう! [ホラリーの作法]

では、実際にホラリーのチャートを読んでいきましょう!

一番最初に注目すべきは「月」と他の惑星とのアスペクトです。

月はこれから起こること、
そして、すでに起こったことをあなたに伝えてくれます。

チャートを出したとき、
月はどのようなアスペクトをとっていたでしょうか?

現在より過去にとっていたアスペクトは、
質問の対象となる事象の過去を示しています。

例えば、天秤座にある月が
射手座にある火星とソフトなアスペクトをとっていた場合、
自分が進んでいく方向(チカラ)と内面がバランスの状態が取れていた。
とも解釈することができます。

そして、次にこれからとるであろうアスペクトに
注目していきます。

これらのアスペクトは事象がどのように推移していくか
ということを示しています。

例えば、天秤座の月が
魚座にある水星とハードなアスペクトをとっているとき、
コミュニケーションがうまくいかないことを示しているかもしれません。

このようにして、月と他のアスペクトに注目していくことで、
事象がどのように移り変わっていくのかが、わかるのです。

ここまでで知っているだけでもホラリーは
かなり役に立つこと間違いなしです!

私は FX もやっているのですが、
取引をする前はよくホラリーでチャートを作成してから、
1日の動きを確認していたりします。笑

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。